--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.06.02

「同人誌と表現を考えるシンポジウム」書き起こしを読んだ私の感想

「同人誌と表現を考えるシンポジウム」の様子を詳しく書き起こしたITmediaの記事が最後まで揃ったようです。シンポジウムでは性表現や修正(自主規制)などについて、そうそうたるメンバーがお話してくださってます。私は18禁同人誌の書き手ではないんですが、読んでてためになりました。同人誌という表現そのものに関することも、業界の内から外から、それぞれの考えを読むことができます。

ITmediaへのリンクを羅列しますが、かなりの分量です。比較的さっくりまとめてあるのは[見物]「同人誌と表現を考えるシンポジウム」など。marya_hiの日記 - 「同人誌と表現を考えるシンポジウム」レポートリンク集もご参考に。また、以前SUPER COMIC CITY 16(スパコミ)レポートの最後でちょっと触れましたが。1ヶ月前にあったスパコミのパンフの巻末辺りに同じようなこと書いたアピールが載ってますので、お持ちの方は読んでみてもいいかもしれません。文字が小さいので虫眼鏡持参で。

ITmedia News:(1)アピール不足だったかもしれない──自主規制の現場 (1/5)
ITmedia News:(2)イベント会場でマジックで塗るということ (1/5)
ITmedia News:(3)「貧しい漫画」が向き合ってきた自由と責任と (1/4)
ITmedia News:(4)言うべきは言い、守るべきを守る (1/3)

さて、私はさっき(3)と(4)を読み終えました。(1)と(2)は1週間以上前に読んだので忘れてるところがあります……。

いやー、もっと聴きたい!大学の客員講師なんかやってたら、講義聴きに行くよ。うん。生で聴いてみたいものでした。

「知ってる人」つまり専門家のお話の価値は高いです。第1部の自主検閲の話は、内部の人間じゃなければわからないことだった(あそこまで詳しくは)。コミケの見本誌チェックは600人~700人でやるんだって。他には例えば、1990年前後松山裁判のことなど。私はその頃同人なんて知らなかったので、全然知らなかった。少なくとも記憶にないです。そんなことがあったのかー、と。そういうのを、聞かせることを前提にして、体系的に説明してくれたのがありがたい。

(3)3/4の最後の方で幕張が使えなくなったときの話が出てました。見本誌チェックって(コミケ側も)仕方なくやらされてるとしか思ってなかったけど、前半の二重三重の網って意味では、自主的にしてる面もあったようですね。

規制の噂とか偏見にうんざりするばっかりだけど、「表現する側の責任」をちゃんと考えてる人ってそう多くなさそうだと思います……。 プロのメディアは一応、伝えることに明らかな間違いがないか、誤字脱字も含めて厳密にチェックしてるでしょう。でも基本的にアマチュアがやる表現である同人誌だと、責任感に思いをめぐらす機会がないような。ブログを含めたネット上の投稿でも言えるだろうけど。

著作権の概念はこんな感じで、児ポ法とかいうものが存在して、ゲイの人がやおいを見てしまったときの気持ちとか。刑法や判決の全文を読む必要はないんだけど、ある程度は知っておくべきなんですよね。私は自動車の運転免許を取ってないから標識の意味がよくわからないままだったりする。でも横断歩道を渡りましょうとか、自分や周囲が安全に生活するために必要な程度の交通ルールは知っていて。交通ルールは命にも関わることで、同人はそんなでもないけど、ポルノはデリケートな問題だから気を使うべき分野。ということで、誰かわかりやすく教えてくれないかなー。他力本願。

ところで乗り遅れた感がありますが、春コミから配られたという黄色の18禁カード。スパコミのときに初めて見ました。私のジャンルのせいか、そんなに見かけなかったですね……。確かにセンス悪いなぁと感じてしまった。だけどいつか、「18禁あつかってます☆」ってキャラに看板でも持たせたPOPがあちこちで見られるようになったら、楽しいだろうなー。イベント側で用意するなら、テンプレート程度にするとやりやすいかもしれないですね。知りませんけど。「色は黄色推奨」とか。 それとサークル単位でなく、もちろん各本によって健全かそうでないかってありますよね。私の好きなサークルさんで、そういう警告を巧く表紙に取り入れてるところがあって、工夫とセンスしだいなんだなぁと思ったりします。18禁だけなら「R18」で英数字たったの3文字だし。やればきっとできる! あ、どこかで美しいマル18禁のマークを配布してないかなー。笑

しっかし「素晴らしいんだからもっと自信を持って」というのは……。うむむむむ。わかるけど、わかるけど。「腐女子だって恋をする」の、その文字を見ただけで胃がねじれるようなこの感覚はっ。今まで腐女子ってことであからさまに差別されたことはないけど、トラウマのような、社会的・外的要素によるものなんでしょうかねぇ。女の子がえっちな話するんじゃありません! って気持ちとかかな? ああ、やっぱ嫌だ、嫌かも、影でこそこそ秘密基地の方が居心地の面では上のような……。

以上、感想でした。できるなら今回は触れられてなかった二次創作と著作権の問題などなど、定期的に開催していただけたら素敵です。しかしこのシンポジウム以前に、多大な時間をかけて考え・議論されたんだろうなぁ。それと討論という感じではなかったけど、反対意見の人とてんやわんやの論戦も見てみたーい。

関連
一般メディアでは、毎日新聞で取り上げられたようです。
シンポ:子どもを性行為の対象とする有害コミック、同人誌も対象に--警察庁研究会-話題:MSN毎日インタラクティブ


スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。