--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.07.15

乙女ロード初体験レポート ~ウィンドーショッピング編~

先日、池袋は乙女ロードに行ってきました。腐女子ながら初体験です。行きにくくはないんですが(埼玉県民)同人誌ショップはほとんど利用したことがないので、行ったことなかった。今回は友達に誘われて、男性オタや一般女子たちと一緒に。

昼前に着いてサイゼリヤでご飯を食べた後、オタクショップ巡りへ。
そのあとメイド喫茶Wonder Parlour cafeにも行きました。そのレポートは次の更新でお伝えします。メイドさんかわいかったっすよー!

入ったのはアニメイトK-BOOKSアニメ館まんだらけK-BOOKSコミック館ボークス池袋ショールーム

まず、乙女ロード入り口でぱっと目に入る小奇麗なビル、アニメイトへ。普通の漫画とBL本とかを見た。

あのいたたまれない胃がねじれるような症状が表れると覚悟していましたが、そんなことはなく。意外と平気だったのはアニメイトは地元のにときどき行っていたからか、あまり同類さんがいなかったからか。平日の昼間ということで、店内は空いていました。羞恥心に悩まされることなく、普通に「これ知ってるー?」とかやってました。大き目の画面で放映されてたのはリボーン。下敷きの雲雀さんが美しかった……。腐ってない友達が、初めてのBL漫画を買っていました。その後どうだったんだろう……。

廻ったフロアは3階まで。グッズは見とけばよかったかなー。お目当ては特になかったので、物珍しいものは発見できませんでした。チラシ置き場から気になってたイベントのをゲットしたのみで、ここでは何も買わず。
店内ではいくつもの小型テレビからいろんなアニメが流れてて、飽きはしないと思います。ところどころにサイン色紙も飾ってありました。さすが本店。

外へ出たら、パラつき程度だった雨が本降りに。傘忘れた。でも、すぐそばにらしんばん、その隣にK-BOOKSがあったのでほとんど濡れずに済みました。ぎゅっと密集してる感じが、秋葉原よりも便利です。

K-BOOKSアニメ館はちょっと覗いただけ。かわいい携帯ストラップが安売りしてたけど買わなかった。使わないしね! あーでもかわいかったなぁ……日番谷。

さて次はどこへ行こうかと、雨宿りしながら相談させてもらいました。どーしよっかー。どこでもいいよー。ということで男性陣の承諾を(多少強引に)得て女性向け同人誌ショップのまんだらけへ。ネギま好きの男の子は「お母さんに買って来てって頼まれた」そうで……。
まんだらけがあるのは、ライオンズマンション池袋の地下。住民の方にご迷惑がかかっていそうな立地です。デカい看板がカルチャーショック。普通にBLしてた

入ってすぐのところにガラスの鍵付きショーケース。厳重管理される同人誌なんて初めて見た。2000円程度であったと思われる分厚め同人誌が、1万2000円で売られていました。眺めてみると、プレミアがついているのは流行作品か、少し昔の画風の本。私のジャンルのはなかったよ。ちょっとほっとしたのはなぜ。

初体験らしくドラえもんだとかの見物をして一般人の振りを計ろうかとも頭あったのに、「そう擬人化したか。あーこれは萌えるだろうな」とか思っていたりする。
べつに珍しかないよジャンルに貴賎はないよと、見物ごっこはすぐに飽きて、気がついたら脇のブレスト本をあさっていた……。

行きの電車の中、オタク趣味のない友人たちは
「そういう人たちは真剣にばーーって同人誌探してるから邪魔しちゃいけないんだって」と、あの速読のような同人誌漁りのしぐさまでつけて、浅知恵を披露していた。私がリアルかつ鮮やかに実演してやりました。

中古同人誌ってことで、ちょっと古めのジャンルを見てみたりした。イベントではあまりスペースがないからねぇ。でも今日のところは収穫なし。目ぼしい物は既に売れちゃってるものなんだろうか? あ、一冊迷ったけど、中が見れなかったからやめておいた。それで今よく買ってる現役ジャンルの棚を探してみた。自分の持ってるのがあったりして、でもやっぱりそれほど恥ずかしくなかったのは、馴染みの空気に全身でひたっていたからかもしれない……。

集中して品定めしていたらお呼びがかかって、時間切れ、棚は制覇できなかった。結構疲れます、立ってひたすらチェックするのは。せっかくだから、一冊買ってみた。CPもわからなかったけど、当たりでした。表紙からは学園パラレルだとは思わなかったよ。地雷が多い人は利用しにくいだろうな。

感想としては、私は中身見て直接買えるイベントの方が好きみたいです。選ぶ時間は楽しいんですが、タイムロスが多そうなところが気になります。多少の体力も必要。

店内の様子は、主に作品ごとのジャンル分けで、棚の配置に規則性は見出せませんでした。人気作品などは表紙を見えるようにして入り口付近に陳列。有名作家は専用の場所に集められています。CPはごちゃごちゃで、一つ一つ表紙を確認する他ない。シールなどもありません。価格の表示の仕方で、袋に210円だとかプリントされているのがあって、頭いいなーと思った。

ただ一つ申し上げたいのは、ナマモノの扱い方。入り口から近めのところに配置してあり、ジャンル名もそのまんま。せめておのぼりさんの目に付きにくい奥の方へ配置して欲しいものです。チラシにも、某グループが高額買取ジャンルとして挙げられていました。伏せ字なし。需要高いんだろうなぁ。いくつものナマジャンルが高額買取だった。同人女ですらその存在を意識せずに暮らしていけるほど、隠遁が徹底されてきたナマモノ。破滅の時は、同人ショップをきっかけに来たるのでしょう。

レジのコスプレ店員さんは不意打ちだったわぁ。ホスト部のたぶん光。

お次はK-BOOKSコミック館。P2探したけど作者名忘れて見つけられなかったよ。中古漫画探しは出版社、文庫、作者の情報が必須っすね。価格設定は、数年前の第一巻も新しい巻も価格固定っぽかった。初回限定カバーだけが売ってあって、これは需要ある! と思った。しかし中身はどうしたんだ。

それからメイド喫茶を挟んで、最後に寄ったのがボークス池袋ショールームという、スーパードルフィー他フィギュア系のお店。プラモデル、食玩などなど。こういうとこには初めて入りました。男のロマンと女のカワイイが詰まったワンダーランド……!

スーパードルフィーをじっくり見たのは初めて。これは……ハマるのわかる。なんてかわいいんだろう。カワイイというより可憐。ガンプラもすごかった。目覚めてしまった。かっこよくてびっくりした。ドキドキした。フィギュアもすごかった。すげー。ぜひいつかはやるべきだ。日本に生まれたからには。

友達が食玩周辺でアイスクリームとかの、よくわからないけどチップみたいなものを買っていました。DSをデコるそうです。かわいいなそれ!

明らかにまんだらけの部分が長いですね。結局そういうことなんですね。

前半はちょっと飽きてだれましたが、楽しいツアーでした。買ったのは同人誌一冊だけなので、ほぼウィンドーショッピング状態。

今回は友達と数人で行きました。ということで観光向けに軽ーくアドバイスしてみると、アニメはアニメ、同人は同人で、各1つのお店に行けば十分というのが感想。結局似た店が多いので、全部回る必要なし。商業グッズは階を選びながらのアニメイトがおすすめ(男性向けフロア有)。同人は別の店に行くのが良いでしょう。アニメイトは同人誌が少ないです。

飽きてきたと思ったら別の店へ移動。乙女ロードはエリアが限られていて、一通り目の届くところにあるのが特長。アド街でのストリートの短さは笑った。おかげでひどい雨にもあまり濡れずに済みました。乙女ロードって全体的にラクな感じです。平日の昼から行きましたが、空いていました。近隣は住宅もあるので、その辺は注意しつつ。

地図は東京ガイドを参考にしました。乙女ロードの店舗案内

後日紹介するメイド喫茶は一般人にこそおすすめです。池袋駅前は普通に栄えてるから、一日中いることも可能だろうなー。お昼は安上がりにマックやサイゼリヤ、ウェンディーズなどで済ませ、歩き疲れた頃にメイド喫茶でゆっくりとケーキセットを味わうコース、体験してみて気に入ってます。あとはやっぱり執事喫茶も行ってみたい。覗いてみたけど空きはなく、やはり予約必須のようです。

これからちょくちょく通うかというと、そんなでもないです。買占め衝動が発生したときに訪れる程度でしょう。

いやーでも楽しかった! 腐女子なら楽しめないはずはないので、一度寄ってみては。


スポンサーサイト

2007.06.02

「同人誌と表現を考えるシンポジウム」書き起こしを読んだ私の感想

「同人誌と表現を考えるシンポジウム」の様子を詳しく書き起こしたITmediaの記事が最後まで揃ったようです。シンポジウムでは性表現や修正(自主規制)などについて、そうそうたるメンバーがお話してくださってます。私は18禁同人誌の書き手ではないんですが、読んでてためになりました。同人誌という表現そのものに関することも、業界の内から外から、それぞれの考えを読むことができます。

ITmediaへのリンクを羅列しますが、かなりの分量です。比較的さっくりまとめてあるのは[見物]「同人誌と表現を考えるシンポジウム」など。marya_hiの日記 - 「同人誌と表現を考えるシンポジウム」レポートリンク集もご参考に。また、以前SUPER COMIC CITY 16(スパコミ)レポートの最後でちょっと触れましたが。1ヶ月前にあったスパコミのパンフの巻末辺りに同じようなこと書いたアピールが載ってますので、お持ちの方は読んでみてもいいかもしれません。文字が小さいので虫眼鏡持参で。

ITmedia News:(1)アピール不足だったかもしれない──自主規制の現場 (1/5)
ITmedia News:(2)イベント会場でマジックで塗るということ (1/5)
ITmedia News:(3)「貧しい漫画」が向き合ってきた自由と責任と (1/4)
ITmedia News:(4)言うべきは言い、守るべきを守る (1/3)

さて、私はさっき(3)と(4)を読み終えました。(1)と(2)は1週間以上前に読んだので忘れてるところがあります……。

いやー、もっと聴きたい!大学の客員講師なんかやってたら、講義聴きに行くよ。うん。生で聴いてみたいものでした。

「知ってる人」つまり専門家のお話の価値は高いです。第1部の自主検閲の話は、内部の人間じゃなければわからないことだった(あそこまで詳しくは)。コミケの見本誌チェックは600人~700人でやるんだって。他には例えば、1990年前後松山裁判のことなど。私はその頃同人なんて知らなかったので、全然知らなかった。少なくとも記憶にないです。そんなことがあったのかー、と。そういうのを、聞かせることを前提にして、体系的に説明してくれたのがありがたい。

(3)3/4の最後の方で幕張が使えなくなったときの話が出てました。見本誌チェックって(コミケ側も)仕方なくやらされてるとしか思ってなかったけど、前半の二重三重の網って意味では、自主的にしてる面もあったようですね。

規制の噂とか偏見にうんざりするばっかりだけど、「表現する側の責任」をちゃんと考えてる人ってそう多くなさそうだと思います……。 プロのメディアは一応、伝えることに明らかな間違いがないか、誤字脱字も含めて厳密にチェックしてるでしょう。でも基本的にアマチュアがやる表現である同人誌だと、責任感に思いをめぐらす機会がないような。ブログを含めたネット上の投稿でも言えるだろうけど。

著作権の概念はこんな感じで、児ポ法とかいうものが存在して、ゲイの人がやおいを見てしまったときの気持ちとか。刑法や判決の全文を読む必要はないんだけど、ある程度は知っておくべきなんですよね。私は自動車の運転免許を取ってないから標識の意味がよくわからないままだったりする。でも横断歩道を渡りましょうとか、自分や周囲が安全に生活するために必要な程度の交通ルールは知っていて。交通ルールは命にも関わることで、同人はそんなでもないけど、ポルノはデリケートな問題だから気を使うべき分野。ということで、誰かわかりやすく教えてくれないかなー。他力本願。

ところで乗り遅れた感がありますが、春コミから配られたという黄色の18禁カード。スパコミのときに初めて見ました。私のジャンルのせいか、そんなに見かけなかったですね……。確かにセンス悪いなぁと感じてしまった。だけどいつか、「18禁あつかってます☆」ってキャラに看板でも持たせたPOPがあちこちで見られるようになったら、楽しいだろうなー。イベント側で用意するなら、テンプレート程度にするとやりやすいかもしれないですね。知りませんけど。「色は黄色推奨」とか。 それとサークル単位でなく、もちろん各本によって健全かそうでないかってありますよね。私の好きなサークルさんで、そういう警告を巧く表紙に取り入れてるところがあって、工夫とセンスしだいなんだなぁと思ったりします。18禁だけなら「R18」で英数字たったの3文字だし。やればきっとできる! あ、どこかで美しいマル18禁のマークを配布してないかなー。笑

しっかし「素晴らしいんだからもっと自信を持って」というのは……。うむむむむ。わかるけど、わかるけど。「腐女子だって恋をする」の、その文字を見ただけで胃がねじれるようなこの感覚はっ。今まで腐女子ってことであからさまに差別されたことはないけど、トラウマのような、社会的・外的要素によるものなんでしょうかねぇ。女の子がえっちな話するんじゃありません! って気持ちとかかな? ああ、やっぱ嫌だ、嫌かも、影でこそこそ秘密基地の方が居心地の面では上のような……。

以上、感想でした。できるなら今回は触れられてなかった二次創作と著作権の問題などなど、定期的に開催していただけたら素敵です。しかしこのシンポジウム以前に、多大な時間をかけて考え・議論されたんだろうなぁ。それと討論という感じではなかったけど、反対意見の人とてんやわんやの論戦も見てみたーい。

関連
一般メディアでは、毎日新聞で取り上げられたようです。
シンポ:子どもを性行為の対象とする有害コミック、同人誌も対象に--警察庁研究会-話題:MSN毎日インタラクティブ



2007.05.25

「801抜きに好きなんです!」と純粋アピールするワケは

1976腐女子さんのところの腐女子チャット・一部公開最後の話題「かなしいときー」でも触れられていました。

おお振りは読んだことも観たこともないんですが(録り溜め中)。純粋に楽しんでる作品について触れるとき、「今回腐女子フィルターは装着していません」という前置きは、必ずと言っていいほど明記する。ここじゃないブログ(サイトの日記)ではそもそも腐女子しか見ないけど、前書きはやる。

結論を最初に持ってきておきます。

  • 「腐女子はいつでも腐ってる」と思われがち
  • 801妄想は時として腐女子自身であっても気持ち悪いものとなる
  • たまには腐業を休みたい

なぜ純粋アピールをするか。その理由は上の3つなんじゃないでしょうか。

「801の人向けだから見ないという人たち」の部分は腐女子漫画問題のことだと推察しますが、確かに腐女子という単語を知ってるだけの人たちにはいろいろと誤解されてるし、誤解は解けたらいいと思う(腐女子漫画問題はまた別の機会に)。でも私たちは彼らとは違う人種なんだからしょうがないっちゃしょうがない。

どちらかというと私は、同輩である腐女子に対して「この作品は純粋な目で楽しんでるんだよ!」とアピールしたいんだと思う。非腐女子に理解されていないという憤りは主因じゃないなー。

「腐女子です。おお振りが好きです」こう自己紹介したら、おお振りの同人誌買うのね、と思われても仕方ない。わりとポピュラーな認識のし方だと思う。「女です。おお振りの三橋が好きです」と言った相手が同人にどっぷりの人なら、おお振りの三橋受けが好きなんだろう、と勝手に推測されてしまうかも。されてしまうって、書く方もそのつもりだったってこともありえる。純粋に好きなときにはそうと言わないと誤解を生みます。

ある漫画について……

  • 出会ったときからずっと純視点でしか見てないが、他の作品では腐女子眼全開
  • 最初は純視点だったんだけど同人誌読んじゃって腐視点でしか見れなくなった
  • 最初は腐視点で同人誌描いてたけど愛が募って腐妄想なんかできなくなった

みんな腐女子だけど純粋に作品を愛すこともある人。

けれど801板の無機質萌えのショックが大きすぎたのか、腐女子に妄想できないものはない、というように見られることがあるような気がする(気がするだけかもしれない)。でも一人ひとりの腐女子を見れば、腐女子フィルタを着けたり外したりすることができる人は、珍しくないでしょう。マラソン選手だって普段の移動じゃ普通に歩く。なんでもかんでも腐らせたいわけじゃない。各作品はそれぞれ世界観が違うから頭の切り替えがしやすく、スイッチのオン・オフは充分可能だ。

さて、私の場合の話を。漫画、アニメなどに対する関わり方は、5つくらいに分類できると思う

  • 腐った目では見られない神作品
  • 一つのCPに夢中になる恋人作品
  • 複数のCPに萌えられる友達作品
  • 知ってるけど別に萌えるわけではない知人作品
  • その他万物は通行人(次元越え可)
◆神クラス作品(純粋)
墓場まで持ってく予定の作品。萌えは関係ない。
腐フィルター厳禁。一時期Lv.恋人だったりするが、そのうち二次創作はできなくなる。同人誌読むにしても厳選に厳選、原作を愛してる人のしか買わない。原作至上主義。
圧倒的少数で、今まで生きた中で2つか3つか。神っていうか親……?
◇恋人クラス作品(腐敗)
その時ハマってるジャンル。同人誌は毎回のイベントでどっさり買ってくる。
読む。書く。語る。全力腐女子モード。楽しい。とにかく萌え最優先。
作品への愛はさほど大きくないことも……ある。
同時期に1作品しかないけど、2,3年もすれば乗り換える。
◇友達クラス作品(腐敗)
作品愛も萌えも寿命も平均的な作品。何が好きなの?って聞かれたらとりあえずこれを答えておく。
オールジャンル即売会では恋人ジャンルを回った後、一息つきつつカタログめくって、まったり回ってみる。
話題作りにもなるから流行ジャンルが多いかも。同時期に2~5作品くらい?
◆知人クラス作品(純粋)
ストーリーは好きだけど萌えは「別にー?」。
連載やアニメは毎週チェックする。終わったらおしまい。
何かの拍子で萌えの波が来れば、友達か恋人になる。
◇Lv.通行人クラス(腐敗?)
基本的に興味のないもの。ナマモノや無機質など二次元以外もここ。
テトリスで801とか、今テレビに出てる男性アイドルは受けか攻めかを考えてみるときが腐敗の瞬間。
しかしそうやって脳トレ感覚・暇つぶしでCP作って遊ぶことはあっても、二度と思い出さない。

脳内を占有しているのは神クラスと恋人クラス。基本的には萌えと愛の大きさは比例するのだが、神は別格。聖域。女の地雷は怖いよー。カップリングの左右が違うだけで友情が壊れるんだって。

神クラスの具体例は、去年夏の映画「時をかける少女」(細田守)。もうほんと、愛してる。作ってくれてありがとう。生きてて良かった。功介×千昭(逆か?見当付かない)とか見かけたら腹が立つ。お前なぁ時かけの何を観てきたんだ、と。「ちゃんとオナって来たのかよー」ってじゃれ合ったって友達以外の何者にも見えない。エロとか見たら吐き気しそう。気持ち悪い。千昭×真琴のノーマルカップリングというのも違う。千昭には萌えに似た感情を覚えたんだけど、彼は受けでも攻めでもないし、似てるけどやっぱり違う。普通に惚れた。

以上は私の感想であって、時かけ同人を否定したいわけじゃないんです。いや、絶対見たくないけど。見たくない、だけで、見えないとこでなら構いません。当然、私にとっての恋人クラスを純粋な気持ちで愛してるファンだってどこかにいるはずで。そこはお互い様だし、信仰の自由、表現の自由。

友達~恋人のことを考えているとき、私は確実に腐女子。神である時かけのことを考えているときは、腐女子フィルターなんて消えてなくなっているけれど。どっちもすごく大切な時間です。胸を張って、「腐女子だよ。時かけ好きだよ」って自己紹介……したくなるんだけど、功介×千昭の話をされたらたまったもんじゃない。だから一種の予防線・防御として、純粋に好きなんです!ってアピールをするわけです。地雷シールド。

(聖域を持った腐女子のためにも、801の前には注意書きを。ジャンル・CPも明記すべきです)

神クラスほど気張らなくてもなんとなく腐女子フィルター外してみたくなる作品はありますよね。 もう一つ純粋モードになるのが、「知人」。これのホモ話されても特にイラっと来るなんてことはないんです。適当に合わせられるし、うっかりしてるといつの間にか、友人の好きなCPに引きずり込まれてることもある(そのときは友達クラスに昇格)。知人クラスでの純粋アピールに、防御という意味はない。

ところで腐女子というネーミングは絶妙で、ちょっとした自虐心をうまく表してる。普通の神経の持ち主はどこかで「腐っててごめんなさい」って思っていて、腐女子であるときは原作者に顔向けできない。それとオタク界において腐女子の地位は低い方だと思う。たまの純粋モードでは、ある種の開放感のようなものを感じるんじゃないだろうか。休日のような。今日は腐スイッチはオフですよ、と看板を出したら、非腐女子の人たちと関わることさえできる。そういう気持ちが働いてのことかもしれない。

  • 「腐女子はいつでも腐ってる」と思われがち
  • 801妄想は時として腐女子自身であっても気持ち悪いものとなる
  • たまには腐業を休みたい

好きな作品を人に勧めるのは当たり前のことじゃないですか。そしてホモではない見どころにハマって欲しいというのも。だから時かけ見ようよ。DVD絶賛レンタル中だよ。

ちなみに普段は、「ここがこうでこうだから萌えるんだよお前もハマれ!つか描いて!貸してやるから読め!」とやってます。

(はてな記事の情報は萌えプレさんより)



Posted at 01:53 | 考えごと |
2007.05.12

腐女子は恋なんてしません!!だからNHKやめてお願いだからやめ……て

今ならまだ間に合うので教えてあげます。絶対に腐女子は恋なんてしません。間違った内容を天下のNHKで放送させるわけにはいきませぬ。今すぐ指摘のメールを送ろう、電話をかけよう!早朝だけど!

orz
まぁうちの家族は見ないんですけどね。それだけが救いなんですけどね。それでも鬱です……。

そういえば前にもありました。2005年10月の「恋に燃え、アニメに萌え」。

古川愛李(あいり)は、家が隣で幼なじみの長谷川未来(みらい)に恋をしている。未来は生徒会長を務める優等生で、学校でも人気者だ。愛李は未来が大好きという気持ちをどうしても伝えられない。それは、バリバリのアニメオタクだから。自分がアニメオタクだとばれたら嫌われる!そう思うと、今日も見つめることしか出来ない。ある日の授業中、未来が「萌えキャラTシャツ」を着ていることが判明した…。

このときは怖くて詳細見れなかったですよ……。今回も誰か勇者の感想を読むだけだと思う。ていうかほんとやめてくれ。中学生腐女子なんて痛いのが普通で、でもね、だからね、

……だめだ……何も書けない。恋なんてしないからやめてってのもだいぶ混乱してますか。なんでもいいから消えて

萌えプレさんより)



2007.05.10

腐女子漫画と同人界で人気の漫画は同じではない

腐女子が思う腐女子漫画と、NOT腐女子が思う腐女子漫画はだいたい同じ、という結果でした。

多少の違いはあるものの。NOT腐女子と腐女子では「腐女子漫画」の定義にさほど違いがない事が分かります。

平均値の数字がわからないので、NOT腐女子の認識を抜粋させていただきます。
(腐女子の回答ではREBORN!とD.Gray-manが入れ替わってますが、僅差です。)

テニスの王子様: 82.3%
D.Gray-man: 79.2%
家庭教師ヒットマンREBORN!: 76.7%
(中略)
銀魂: 49.7%

それで、当然ではありますが、
腐女子漫画と、同人界で人気の作品は違う、ということが数字の上でも明らかに。
下のグラフはこないだのスパコミの参加サークル数。
コミケと違って落選がないので、純粋に申し込んだサークルの数です。参加申込の締切は2月16日でした。
2007年スパコミ16参加サークル数

腐女子漫画度が高いD.Gray-manですが、サークル数では7位。
数年前は流行ジャンルの1つだったようなーと思ったけど、
2006年はテニプリ>>>>NARUTO>>ワンピ>BLEACH>銀魂>Dグレ>>REBORN!
2005年はテニプリ>>>>>NARUTO>>ワンピ>銀魂>>>Dグレ>デスノ>REBORN!>BLEACH
今までD.Gray-manがそう上位に来たことはありませんでしたなかったかも
「腐女子漫画だと思われてるけど同人人気は高くない漫画」と言えます。

テニプリの数の多さはは今でも頭一つ抜けてる。
REBORN!は今年すごくスペース数が増えて、最近一番勢いのあったジャンル。腐女子漫画度でもテニプリに並んでます。
「同人人気が高い」というイメージがついたことによって、腐女子漫画度も上がった、という仮説を立ててみたり。
次いでサークル数が多いのが銀魂だけど、腐女子漫画度は低い。
「腐女子(だけ)が読む漫画」というイメージ、あまりありませんよね。

それにしても「腐女子が萌える漫画(⇒サークル数)」と、「腐女子が腐女子漫画だと思う漫画」が違うのって、面白い。
しかし「腐女子が腐女子漫画だと思う漫画」って、なんだろう。

アンケートでは、「何をもって『腐女子漫画』と定義していいか分からない」という回答があったそうです。

いわゆる腐女子漫画に腐女子が萌えるわけじゃない、というのは微毒発生サラサイトさんも何度もおっしゃっていたことで、
サークル数と比べてみれば明らかです。
それは腐女子自身も知っていること。

腐女子漫画だから萌えてるわけじゃない。
ってことは自分の腐女子センサーは、腐女子漫画を決める際にアテにならない。

「腐女子漫画はどれ?」と聞かれたときに、どうやって決める(回答する)のか。
「NOT腐女子が腐女子漫画だと言ってる漫画」を予想して書くことになるのかも。

アンケートでNOT腐女子と腐女子の認識に差がなかったのは、
腐女子が予想した「NOT腐女子が腐女子漫画だと言ってると思う漫画」と、
実際にNOT腐女子がそう思ったものが一致した、だけだったのかも……?

結局「腐女子漫画」って幻想なんだと思うんですけどねー。



Posted at 22:26 | 考えごと |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。